生活に役立つライフハック術をまとめたブログです

おとくぶろぐ

役立ち、生活

迷惑メールを見分ける方法

スポンサーリンク

アドセンス広告

 

 

しろーと
先日Amazonから身に覚えのない請求メールが来たんだけど
これって間違って送られてきたのかなあ?
問い合わせした方がいい?

 

くろーと
Amazonからの正規のメールにそっくりだけど、
これは迷惑メールだね。
絶対返信したりリンクを開いちゃダメだよ

 

最近は見分けがつかない迷惑メールが増えてきているので

いくつかのポイントをチェックして

簡単に見分ける方法をご紹介します。

 

迷惑メールの送信者のアドレスをチェックする

 

これはAmazonを騙った迷惑メールの例です。

 

 

差出人のメールアドレスの名前は「 Amazon 」ですが

アドレスは「 oowbugu@wwyol.org 」でアマゾンのアの字もありません。

大体の迷惑メールはすぐにこれで判断できます。

 

くろーと
企業が使うメールアドレスは「 ドメイン 」に社名が入ってて、
意味のないアルファベットの羅列のようなアドレスはありえないよ。

 

 ドメインとはメールアドレスの @ よりも後ろの文字列のこと

 

Amazonからメールが送られて来る場合

ドメインが必ず下記のものから送られてきます。

それ以外からはすべて迷惑メールです。

Eメールを送信する場合
  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • amazonbusiness.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

 

では、今回送られてきた迷惑メールをもう一度見てみましょう。

 

 

上の画像の「 account-update@amazon.co.jp 」が

差出人のメールアドレスです。

 

なんと、おどろいた事にAmazonの正規ドメインのようです。

でも、差出人のメールアドレスだけで本物だと思ってはいけません。

差出人を偽装したり似たものにするのは簡単です。

他の項目をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

アドセンス広告

迷惑メールの件名をチェックする

 

 

次に、件名がちゃんとした日本語で書かれていて

変な件名ではないかをチェックしてみます。

 

ご注文が「重要なお知らせ」かどうかはさておき(笑)

日本語は正しく使われており問題なさそうです。

 

以下はLINEが不正アクセスされたことを装った迷惑メールですが

件名のクオリティの低さからすぐにバレてます。

 

 

くろーと
確かに「 緊急問題 」だねぇ。
でも、企業がこんな件名で送ってくるわけないよ

 

スポンサーリンク

アドセンス広告

迷惑メールの本文の内容をチェック

 

迷惑メールは外国から送られてくる事が多いので

日本語のつかい方がちょっと変なときが多いです。

それと本文に個人情報がぬけている場合も多いです。

どういう事かと言うと、

 

 

もし、本当にAmazonからなら私の個人情報を知っているはずです。

このメールの日本語はパーフェクトですが、

名前や送り先の住所は書いていないので、

ランダムで送信しているだけの

迷惑メールではないかと疑うことができます。

でも確信はできないので、

念のために他の項目もチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

アドセンス広告

迷惑メールに書いてあるURLをチェックする

 

迷惑メールの目的はなにか?というと

あなたを偽のサイトにアクセスさせて

個人情報を盗んでやろうというのが大体の目的です。

なので、本文の中に「 リンク 」が貼られているはずです。

 

リンクとはクリックするとサイトを開くための文字、

もしくは画像のことでマウスカーソルを合わせると

矢印が「 指差しマーク 」に変わる箇所です。

 

リンクが貼られている箇所に

マウスカーソルを合わせると「 URL 」が表示されます。

 

「 URL 」はそのサイトの住所のようなもので、

それを見ればどこに接続されるのか分かります。

 

確かめる時は決してクリックはしないでください。

あくまでもカーソルを合わせるだけです。

 

 

表示されるURLは

通常は差出人のメールアドレスのドメインと同じように、

企業名が入っているURLが一般的です。

例えば、Amazonなら「 amazon.co.jp 」ですね。

 

くろーと
送られてきたメールを見てみると
madeqr.comというサイトに接続されるみたいね。
どうやらこのメールはAmazonと関係なさそうだ。

スポンサーリンク

アドセンス広告

Amazonの迷惑メールは簡単にわかる

 

ここまで書いてきたチェック項目は

迷惑メールを見分けるための汎用性のあるやり方ですが、

実はAmazonに限っては簡単に見分ける方法があります。

 

どうしてそんな事ができるかと言うと、

Amazonではユーザー宛に送られた全てのメールは、

Amazon公式サイトの「 メッセージセンター 」で確認できるからです。

 

Amazonメッセージセンター

 

つまり、このメッセージセンターに該当のメールがなければ

公式から送信されていないメールなので、

すべて迷惑メールだと判断できるのです。

 

くろーと
もし、あやしいAmazonメールが来たら
メッセージセンターで確認してみてね。

スポンサーリンク

アドセンス広告

HTMLメールは読み込みオフがおすすめ【補足情報】

 

メールには「 HTMLメール 」と「 テキストメール 」があります。

テキストメールはいわゆる文章だけの「普通」のメールです。

 

HTMLメールとはHTMLというWebページを作成するために開発された

「 コンピューター言語 」が組み込まれたメールです。

 

むずかしい事は覚える必要ありません。

なにやら画像などがいっぱい使われていて、

Webページっぽいメールが来たらそれはHTMLメールだと思って下さい。

 

で、そのHTMLメールを受信した時に

勝手に読み込む設定になっていますか?

もしなっているなら読み込みは自動ではなく

手動で許可するようにした方がよいです。

 

なぜかと言うと、

「 相手にメールを開封したかどうかが分かってしまう 」からです。

 

どういうことかと言うと、

送信するメールに「タグ」(HTMLの命令文)を画像に埋め込んでおいて、

相手がそのメールを開封すると同時にその画像を読み込ませます。

すると、画像を読み込んだ = 開封した

と判断し相手に分かる仕組みになっています。

 

例えば、下の画像は「Thunderbird 」というメールソフトの画面です。

この「リモートコンテンツをブロックしました」というのは、

「別の場所に置かれた画像などをブロックしました」という意味です。

 

本来はHTMLで画像などを読み込ませるタグが含まれていたのでしょう。

 

くろーと
使用しているメールソフトによって
設定は違うと思うけど、
もし自動で読み込んでいるようであれば
オフにした方がよいと思うよ。

スポンサーリンク

アドセンス広告

迷惑メールを見分ける方法【まとめ】

 

まずは送られてきたら差出人のアドレスを見てみましょう。

半分以上の迷惑メールはへんな文字列の羅列であったり

差出人の企業名とはちがうドメインです。

 

それでも判別できない時は、

件名や本文の日本語がおかしくないか見てください。

また個人を特定する情報(あなたの名前、住所など)が

書かれているかもチェックしてください。

 

本文内のリンク先URLも確かめてみて下さい。

ただし、とてもうまく似せたURLの場合もありますので、

もし身に覚えがない請求などで

問い合わせたいなと思ったら、

送信されてきたメールのリンクからではなく、

公式サイトに直接アクセスして

そのサイト内にある問い合わせフォームなどからしてみて下さい。

アドセンス広告

-役立ち、生活

Copyright© おとくぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.