生活に役立つライフハック術をまとめたブログです

おとくぶろぐ

割引、お得情報

【マイナポイント】マイナンバーカードを作って買い物する時にポイント還元を受けよう【25%還元】

スポンサーリンク

アドセンス広告

 

2020年9月からマイナポイントがはじまります。

 

「 マイナポイント 」とは

マイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐づけることで

最大で5000円分のポイント還元を受けれるようになる国の事業です。

 

目的は消費の活性化、マイナンバーカードやキャッシュレス決済の普及など。

 

 

マイナンバーカードは申請してから出来るまでに

1か月ほどかかるので今のうちに早めに申請しておきましょう。

(マイナポイント開始直前は申請が殺到してさらに遅れることが予想されます)

 

また、マイナポイントを貰うためには事前に予約をしておく必要があります。

 

マイナポイントの開始は9月からですが、

予約はすでに始まっており

「 マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、

マイナポイントの予約を締め切る可能性があります 」

と記載されいるので、

今のうちに申し込んでおきましょう。

 

* 予約がすでに済んでいる方は下記の記事を参考にしてみて下さい。

マイナポイントの登録開始!国から5000円分のポイントを貰おう

 

マイナポイントを貰うための手続きの流れ

 

 マイナポイントの還元を受けるための流れ

  1. マイナンバーカードを申請して取得
  2. マイナンバーカードを使ってマイキーIDを発行
  3. マイキーIDを使ってマイナポイントへ申し込み(2020年7月から)
  4. 申し込み時に選んだキャッシュレス決済サービスを利用するとマイナポイントが付与(2020年9月から)

 

この様な流れになっていますので、

まだマイナンバーカードを作っていない方は

早めに申し込みをしてみましょう。

 

マイナポイント申し込みまでの全ての手続は

スマホかパソコンで可能なので、簡単に済ませることができます。

 

マイナンバーカードを申請しよう

 

「 マイナンバーカード 」を持っていないと

マイナポイントを貰うための手続きを進めることは出来ません。

 

まずは下記のマイナンバーカード総合サイトから申し込みをしましょう。

公式マイナンバーカード総合サイト

(スマホやパソコン、郵便や証明写真機から可能です)

 

* よくある勘違い

「 マイナンバーカード 」は「 マイナンバー通知カード 」とは別物です。

 

皆さんにはすでに個人識別番号(マイナンバー)が割り振られており、

平成27年10月ごろから簡易書留で送付された「 マイナンバー通知カード 」が

ご自宅に届いていると思います。

 

このカードをマイナンバーカードと勘違いしている方がたまにいますが、

これは通知カードであって「 マイナンバーカード 」ではありません。

マイナンバーカードは申請しなければ作ることは出来ません。

 

マイナンバーカードの申請方法

 

公式マイナンバーカード総合サイトのトップページに来たら

「 マイナンバーカードの申請方法 」「 交付申請について 」をタップして下さい。

 

 

スマホ、パソコン、郵便、証明写真機の4つから申請できますので、

ご自身に合った方法を選択して下さい。

写真の撮影が簡単なので一番のおすすめはスマホです。

 

スマートフォンによるマイナンバーカードの申請

 

 

「 スマートフォンからの申請方法はこちら 」をタップすると

スマホでの申請方法の手順が書かれたページにいくので、

そこの「 オンライン申請サイトはこちら 」をタップして下さい。

 

 

利用規約と15歳以上であることに同意して

「 確認 」ボタンを押してください。

 

 

次のページで「 申請書ID 」「 連絡用のメールアドレス 」を登録します。

 

申請書IDとは「 マイナンバー通知カード 」と

切り取り線で付いていた用紙( 交付申請書 )に書いてある数列です。

 

出典元:総務省 マイナンバーカードの申請・交付の流れ

 

交付申請書をなくした場合は

市区町村窓口に紛失した旨を届出のうえ、再発行をします。

詳しくは住民票のある市区町村の窓口へ問い合わせてみて下さい。

 

すべての入力が終わったら「 確認 」ボタンを押して下さい。

 

 

完了すると登録したメールアドレスに

申請情報登録URLが書かれた案内メールが届きます。

 

あとはメール内に記載のあるURLから写真撮影のページに移動し、

顔写真を登録後、生年月日などの申請情報を入力して終了です。

 

マイナンバーカードを受け取る

 

申請してから約1ヶ月くらい経つと、役所からハガキが送られてきます。

 

出典元:総務省 マイナンバーカードの申請・交付の流れ

 

あとは必要事項( 住所・氏名 )を入力し、

ハガキに記載してある交付場所へ行けばマイナンバーカードが手に入ります。

 

 受け取るときに必要な持ち物

  • 交付通知書( ハガキ )
  • 「マイナンバー通知カード」
  • 本人確認書類(免許証など)
  • 住民基本台帳カード(持っている場合のみ)

 

取りに行くときは先に「 パスワード 」を決めておくと

スムーズに手続きが進むと思いますので、

あらかじめ考えてから受け取りに行くと良いでしょう。

 

わたしは区役所に取りに行きましたが、貰うまでに

何だかんだで1時間くらいはかかりました。(呼び出しや手続きなど含め)

 

マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)をしよう

 

マイナポイントを貰うためには予約をして

「 マイキーID 」を取得しておく必要があります。

 

もしも、マイナンバーカードを持っていない場合は

マイナンバーカードを申請する必要があるので、

こちらを参考に取得して下さい。

 

マイナンバーカードをお持ちの方は

マイナポイント事業公式サイトのトップページに行き、

「 マイキーID 」を発行するためのアプリをインストールします。

iphoneとAndroidスマホとパソコン、コンビニなどの4つから選択できます。

 

パソコンの場合は「 ICカードリーダライタ 」で読み込む必要があるので、

持っていない方は手軽にできるスマホからがおすすめです。

 

ただし、マイナンバーカードを読み取る機能が付いていないと

出来ないで、スマホの機種を確認して下さい。

マイナンバーカード対応NFCスマートフォン一覧

 

以下はスマホでの申し込み方法ですが、

マイナポイントの予約・申し込みは

コンビニ(マルチコピー機・ATM)・郵便局・市区町村窓口・携帯ショップなど、

多くの場所で手続きが可能です。

 

詳しくは下の総務省のサイトをご覧ください。

マイナポイント手続スポット検索

 

 

 

アプリをインストールし起動させると

下の方に「 マイナポイントの予約(マイキーIDの発行) 」という

箇所があるのでタップして進んで下さい。

 

 

次のページで「 マイナンバーカードをスマートフォンにセットして~ 」

と書いてありますが、

この時点ではセット(カードにスマホを当てる)しなくても大丈夫です。

そのまま「 次へ進む 」をタップしてください。

 

 

マイナンバーカードの情報をスマホで読み取るので、

「 読み取り開始 」をタップして

スマホをマイナンバーカードに画像のように当てて下さい。

パスワードの入力を求められると思いますので、

「 マイナンバーカードのパスワード 」を入力します。

 

パスワードはマイナンバーカードを作成した時に

役所でご自身で設定しているはずです。

 

忘れてしまった場合は

「 住民票のある市区町村の窓口 」で再登録する必要がありますので

問い合わせてみて下さい。

 

 

マイナンバーカードをうまく読み取れると

マイナポイントの予約のための「 マイキーID 」が発行されます。

マイキーIDは作成時はランダムなアルファベットと数字ですが、

あとから変更することが出来ます。

「 発行 」ボタンをタップしてマイナポイントを予約しましょう。

 

 

発行の確認画面がでます。

「 OK 」で発行します。

 

 

マイキーIDが無事に発行されました。

マイナポイントの申し込みのときに必要になりますので、

マイキーIDは覚えておいてください。

 

スクリーンショット保存をタップすれば

この画面がスマホ内のカメラロールに保存されます。

 

 

以上でマイナポイントの予約は終了です。

マイナポイントの申込期間は

2020年7月 〜 2021年3月末です。

 

マイナポイントが貰えるキャッシュレス決済サービスは?

 

マイナポイントはご自身で選んだキャッシュレス決済サービスで、

ポイントの還元を国から受けることが出来ます。

 

現在は21社が登録申請しているようですが、

これから増えていく可能性もあります。

下記からマイナポイントに登録しているキャッシュレス決済サービスが確認できます。

マイナポイント登録キャッシュレス決済サービス一覧

 

キャッシュレス決済をはじめて得する方法

 

マイナンバーカードを作って買い物する時にポイント還元を受けよう【まとめ】

 

マイナポイントはキャッシュレス決済サービスと紐づけることで

国から使ったお金の25%(最大5000ポイント)が還元されます。

 

予算の上限に達した時点で予約終了なので

今のうちに済ませておきましょう。

 

マイナンバーカードが必須ですが作るのはとても簡単ですし、

これからマイナンバーカードを普及させるために

さまざまなサービスに使われる可能性が考えられます。

 

例えば、

最近では新型コロナウイルスの際に給付される10万円を申請するのに、

オンランインからの場合はマイナンバーカードが必要でした。

 

今後のことを考えても作っておいて損はしないと思いますので、

申し込みが殺到して届くのが遅くなる前に作ってみてはいかがでしょうか。

マイナポイントの登録開始!国から5000円分のポイントを貰おう

アドセンス広告

-割引、お得情報

Copyright© おとくぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.